〈Silk Road in 2007〉 カラーン・ミナレット

カラーン・ミナレットのカラーンは素晴らしいという意味持ち、文字通りブハラを代表するミナレットです。ミナレットは1123年にレンガの組み方だけで模様を造った48mものミナレットです。ミナレットには当時複数の目的がありました。アザーンという礼拝の呼びかけ、旅をする人のための灯台の役割、そして処刑台の役割。イスラムの法律では女性は斬首することができなかったので、女性が罪をおかした際にはミナレットからつきおとされることがありました。このミナレットは東からやってくると2日前から塔が見えたといいます。チンギスカンも壊すことができなかったミナレットですが、1920年にソビエト赤軍の空爆で一部破壊されてしまいました。(2008-05-05)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。