〈Silk Road in 2007〉 中央アジアでお茶をいただく その3

中央アジアでは時々民家でお食事をさせていただきましたが、だいたい画像のような丸い急須に緑茶か紅茶が入って出てきました。急須のすぐ横にあるバター飴のような砂糖をなめながらお茶をいただきます。砂糖を口に含みながらお茶をするという習慣は知っていましたが、実際は砂糖というよりまさにバター飴という感じ、想像していたものとは違っていました。(2008-02-21)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。