〈雲南懐古〉紫のお茶、紫娟茶

2006年に来た時は、政府が全部買い上げているからありませんと言われた紫のお茶。
お金さえ払えば購入できるようになりました。
プーアル茶と並べてみると、水色もこころなしか紫色に見えます。
餅茶は一番安くて良心的なお店で一枚4200元ぐらいで手にはいるようになりました。
ちょっと前まではもうひとつ0が多くついていたのです。育てにくく、量がとれないので、これ以上安くなるのかはわからないようです。(2010-05-27)

#Once apon a time in Yunnan #雲南懐古

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。