杭州両点一線的生活⑤

杭州の民宿といえば、地元人はまず霊隠寺をあげるけれど、一泊1000元以上するような民宿がある場所は高級リゾート🏝地に違いありません。交通の便を考えるならば、自身が住むマンションの一室を貸し出しているような民宿で十分です。指紋を登録してもらえば鍵をなくす心配はないし、Wi-Fiは5Gなので通信関係ノーストレス^_^
ちなみに、中国の旅は「飛猪」、民宿ならば「小猪短租」で探すと良いそうです。

今日のランチは清真蘭州拉麺で牛肉拉面12元。壁に貼ってあるメニューを注文してお金を払ったら番号札をもらい、番号を呼ばれたら取りに行ったり、店員さんが番号を叫びながら食事をもって来たり。
外に植えられた花、「ここで咲かせて下さい」の看板のとおり、元気に育ってます^_^

今天新聞
♠︎韓日貿易争端
日本発布将韓国移出“白色清単”

(Facebook記事2019年8月7日より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。