杭州両点一線的生活㉖

民宿の大家さんは若い女性なのに、市内に2フロアの民宿を持つ実業家の卵。さすが徽州人。
不動産を持っているからといっても自分の物ではなく70年間の権利で、古い不動産ならばいつ取り壊されるかわからないという話をフムフムと聞く。
火鍋に誘わて、2人で人気の海底撈に出かけたら、整理券に打たれた3時間待ちの刻印にぞっとして、再び地下鉄に乗って最先端の高層ビルが光輝く地域のオシャレタワーに入っている緑茶へ。他の選択肢もあったけど、そのビルには喜茶もはいっている❤︎
杭州名物料理に加えて、緑茶の可愛い月餅🥮もついに買いました^_^ これは、明るい光の中で記録して、もう一度報告しま〜す。
ここは緑茶で食べたメニューを。招牌を中心に選びました。
・緑茶蛋蒸肉
・緑茶葱香烤肉
・客家茄子煲
・醤爆石鍋蛙
・山家三鮮

(Facebook記事2019年8月25日より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。