Assam1864 詐欺

かつて、最高品質のペコを含む64もの茶箱を運ぶボートが流れてきた大きな丸太に衝突され、積送品もろとも沈みました。
会社はどうにか59の箱を取り戻し、5900ポンドの重さになる損害を送り返す準備をしました。乾燥させて肥料として使うしかありません。幸いにも、保険会社によって損害は補償されました。
ある日、主人公は郵便配達人から近所の市場で良いお茶が出回っていて、それがお茶を安く売る者がいることを密告されます。
見せられた茶葉は、主人公も見覚えのあるもので、調べてみると、日光の下で湿ったペコを乾かすために広げていた場所で、茶葉をくすねていた男がいたことがわかりました。
暗躍した者が砂糖菓子屋であることが、目撃証言から判明しました。最近茶園労働者に砂糖菓子を売り始めて、そうするために茶園近くに2つの小屋まで建てていました。
ある日、彼は所有物を2つの小屋のうちの1つから荷物を取り出そうとしていたところを見つけられました。
2つの小屋は象によってとり潰されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。