韓国茶生活の12か月 閨房

茶道具

抹茶道具

ヌビ(指ぬき)、茶食板

茶室

朝鮮時代の女性たちが生活する部屋閨房(규방)

朝鮮時代の女性たちが生活する部屋閨房(규방)

刺繍箪笥

九節板

螺鈿箪笥にかかるノリゲ

伝統的な家屋構造はアンチェ(안채/母屋)とサランチェ(사랑채/舎廊斎)に分けられています。キュバン(규방/閨房)は、女性が住む部屋のことを指します。そこで女性たちは、書を読んだり、刺繍したり、四君子(蘭、竹、菊、梅)を描いたり、時には、閨中女子たちが集い、花朝月夕(화조월석/春秋の季節の良いひととき、花の咲く春の朝と名月の照る秋の夕べ)や、春三月良い時節の弄春(春遊び)で風流を楽しみました。
“キュヂョンチル(규중칠우/閨中七友)”という言葉があります。士大夫の良い友である紙、筆、墨、硯、“ムンバンサウ(문방사우/文房四友)”があるとすれば、閨中七友は針仕事をするのに必要な七道具、針、糸、指抜き、はさみ、物差し、こて、アイロンを総称するもので、女性の文化生活には欠かせないものでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。