韓菓 ソンピョン(송편/松餅)

ソンピョン

米粉をこねて、小豆、ゴマ、クリなどの材料を餡にして月形(満月または半月)に作って蒸した餅です。
韓国最大の民俗行事であるチュソク(秋夕)の時に必ず作る食べ物で、チュソクの前夜に家族が集まってソンピョンをこねました。
ソンピョンの作り方
~材料~
米粉 500g
塩 5g
ヨモギ粉 10g(餅の色は、シナモンパウダー、五味子、クチナシ、粉末食用色素等も使用できます)
餡 100g(黒豆、緑豆、ゴマ、クリ、ナツメ、さつまいも、カボチャなどを使用したりします)
松葉 300g
ゴマ油 大さじ1
~作り方~
・米粉と塩、ヨモギ粉を一緒にふるいにかけた後、手でまんべんなく混ぜたら、再びふるいにかけます。
・松葉は洗ってザルで水気を切っておきます。
・ヨモギ粉を加えた米粉を熱湯でしっかり混ぜて生地を作ります。この時、よく練ってこねるほどきめ細かくなります。
・米粉の生地を約15gずつに分けて半月型に整えながら餡を入れます(1つ分の重量はだいだい20gに)。
・蒸し器に水を入れて強火にかけ湯気があがったら、松葉を敷いてソンピョンを並べ入れ、また松葉を敷くというように、松葉とソンピョンを重ね置いてゆき、15分前後強火で蒸します。
・蒸しあがったソンピョンは水にすばやく取って松葉を取り除き、水気が切れたらゴマ油をぬります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。