龍井茶

龍井茶

獅峰龍井茶畑

中国の“茶都”杭州を代表するお茶と言えば、龍井茶。
龍井茶はかつて産地によって、「龍」「獅」「虎」「雲」に表されました。
「龍」は、翁家山、楊梅嶺、満覚隴、白鶴峰に産する龍井茶を、「獅」は、獅子峰、胡公廟周辺、龍井村、棋盤山、上天竺に産する龍井茶を、「虎」は、虎跑、四眼井、赤山埠、三台山に産する龍井茶を、「雲」は、雲栖、梅家塢、五雲山に産する龍井茶を指しました。
龍井は春だけ茶摘みをし、清明節(4月5日ころ)前に摘む最初の茶葉を明前と冠します。葉がまるで蓮心のようであることから蓮心と呼び、そのような特級龍井は500g作るために少なくとも6万個の芽が必要とされると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。