趙李橋が誇る4タイトル

趙李橋正門

川字磚茶の壁と黒茶鼻祖の看板

倉庫

赤いスローガン

①「十二五期間全国民族特需商品 定点生産企業中華老字号 国家民委・財政部・中国人民銀行 2012年12月6日(60年間全国民族特需商品に指定された老舗であり、商品民族団結の為の商品を作っている)」誇れる歴史を持つ老舗である証です。会社は1910年に生産したお茶をまだ保有しています(建設銀行に保管)。1949年から現在まで毎年の製品もすべて残しているのです。この会社の歴史を物語る話として、中共中央中南局(第一書記は林彪)に所属していたことや、華中師範大学に保存されている中国の民族企業が資本主義とどう闘うべきか書かれた1949~1970年代の文書がこの会社にも保存されています。
②「咸寧市非物質文化遺産 趙李橋磚茶製作技芸 咸寧市人民政府公布(咸寧市の無形文化遺産)」
③2014年中国文化部が発表した無形文化遺産の中で川字青磚茶が登録され、会社が無形遺産伝承企業に指定されました。
④「国家辺鎖茶原料 代儲単位」(国家の備蓄庫)
たくさんのタイトルを獲得しているけれど、この4タイトルが会社にとって誇らしいものなのだそうです(無形文化遺産の賞状はまだ北京で受け取っていません。2015.8時点)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。