マルメナーダ

マルメナーダ

マルメナーダゼリー

1662年、イギリス国王チャールズ2世に嫁いできたポルトガルのブラガンザ王家の王女キャサリンは、嫁ぐ際に茶や茶道具、そして当時貴重品とされていた砂糖をイギリス宮廷にもたらしたこと喫茶習慣とお茶に砂糖を入れる飲み方を広めました。
そしてもう一つキャサリン妃は当時イギリスになかったものを広めました。それはマーマレード。ポルトガルで普及しているカリンを煮て作るマルメナーダがその原型なのだとか。マルメナーダはスーパーマーケットや食料品店などで簡単に手に入れることができます。

花梨酱(Marmelade)
1662年,葡萄牙的公主凯瑟琳·布拉甘萨(Catherine of Braganza)嫁给英国国王查理2世的时候,她带茶叶、茶具和当时正被认为贵重品的砂糖等等去英国宫廷,普及了喝茶习惯和把砂糖放进茶的喝法。
而且凯瑟琳妃当时还有一个东西扩展了英国没有了的东西。这就是果酱。葡萄牙普及的熬制而成的凝胶物的花梨酱(Marmelada)是那个原型。花梨酱能在超市或者食品店简单地买得到。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。