沖縄でお茶を摘む

茶畑

茶畑

ウッカガー(金武大川)

萎凋中の茶葉

先月沖縄の那覇で栽培されている茶畑に行きました。那覇の茶畑は、金武町という水と土に恵まれた場所にあります。なかでもウッカガー(金武大川)は琉球石灰岩の多孔質を基盤とした地下水の湧き出る代表的な井泉で、県下に知られ、わざわざここに水を汲みにくる茶人もいると聞きました。
このような土地ですくすく育っているのは、紅茶用品種のべにほまれとべにひかり。美味しい沖縄産紅茶を夢見てせっせと摘んできました。萎凋まで見守った自分の摘んだ茶葉が紅茶となって手元に戻ってくるのは楽しみです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。