沖縄菓子その2

まちかじ(松風)

まちかじ(松風)

サーターアンダギー

沖縄では儀式のお供物、饗宴接待で出された琉球菓子が現在でも残っています。琉球王朝時代には文献にその名前が残るものだけでも160種類あったとか。沖縄に滞在した数日で出会った琉球菓子をご紹介します。
まちかじ(松風)は小麦粉を使った赤く着色された煎餅で、大きく結んだ形をしています。サーターアンダギーとセットして結納菓子として使われているのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。