沖縄菓子その3

のまんじゅう&ストラップ

のまんじゅう店内

沖縄では儀式のお供物、饗宴接待で出された琉球菓子が現在でも残っています。琉球王朝時代には文献にその名前が残るものだけでも160種類あったとか。沖縄に滞在した数日で出会った琉球菓子をご紹介します。
ぎぼまんじゅうは別名のまんじゅう。何かの資料に沖縄3大まんじゅうの一つとありました。表面に食紅で描かれた「の」の字はのしを表しています。昔から沖縄では祝い事にのを書き、のしの代わりとしました。またのを描かない無地は法事用に使用されています。ですからか、購入時、お店の人には「のを入れますか?」と聞かれます。
レジの隣においてあったまんじゅう型ストラップは衝動買いしてしまいそうな可愛らしさです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。