さんぴん茶

お茶屋さんのさんぴん茶

お茶屋さんのさんぴん茶

沖縄限定商品マーク付きLAWSONのさんぴん茶

沖縄で一番ポピュラーなお茶、さんぴん茶。さんぴん茶のさんぴんは、中国語のシャンピェン(香片)のこと、つまりジャスミン茶のことなんです。紙パック、缶、ペットボトル、さまざまなさんぴん茶がスーパーマーケット、コンビニエンスストア、自動販売機などで販売されています。さんぴん茶を売っていた国際通り市場のお茶屋さんで聞いたところ、店頭に置いてあるサンピン茶は主に中国福建省や台湾から買い付けてきたものだそうです。そこでは100ℊ500~1500円の間で3種類売っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。