広州茶博会 ミニ情報⑤

千両茶は千両(約36㎏)の重さがあることから千両茶と呼ばれています。
長さ約165㎝、太さも両腕に抱えるほどあるので、まるまる一本を飲むために購入することは厳しいです。個人で購入する場合、飲みやすいように電動のこぎりで輪切りにしたものを購入します。茶博会会場では千両茶を扱っているブースにはみな千両茶切断機が設置されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。