お茶チョコ紹介③

1月半ばからサロン・デュ・ショコラ&バレンタインまでのこの時期、たくさんのショコラ情報があふれています。その中でも気になって購入してみたお茶チョコをご紹介させていただいます^^
es koyama japonのSUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY 2016。チョコ色の小箱には4種類のショコラが入っています。
No.1は醤油ヌーヴォー。
醤油とペドロヒメネス種で作られるシェリー酒をショコラに加えたもの。
No.2は鳳凰単叢蜜桃香&マンゴー。
中国・広東省潮州鳳凰山で作られる烏龍茶鳳凰単叢蜜桃香の桃のようなフルーティな香りを生かしてマンゴーのガナッシュと二層構造にしたショコラ。
No.3はコーヒーチェリー(ゲイシャ)&ライチ。
ゲイシャチェリーとは、ゲイシャのコーヒー豆製造過程で外された大粒の果肉を天日乾燥したもの。それをペルー産ショコラを合わせています。
No.4は奈良漬プラリネ。
瞬間高温高圧プレスにかけてフレーク状にした奈良漬けが混ぜ込まれたショコラです。
鳳凰単叢蜜桃香のチョコを食べてみたくて購入したセットですが、最後まで残していた奈良漬けが案外チョコに合っているのに感動しました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。