西湖龍井(拼音:xi hu long jing)

扁形炒青緑茶
茶区:江南茶区
産地:浙江省杭州市西湖区、獅峰、龍井、五雲山、虎跑、梅家塢
产地:产于浙江省杭州市西湖的狮峰、龙井、五云山、虎跑、梅家坞
自然環境:山は北西から南東へ傾き、ゆっくり銭塘江、西湖畔に伸びている。北西部は北山、北高峰、天竺峰が防壁を作り寒流の襲来を遮っている。南部は銭塘江の湿潤な季節風の恩恵を受け、温暖で十分な降水量が有り、日照時間は長い。土壌は弱酸性、土層は深く、排水性に優れ、気候条件に極めて恵まれている。
自然环境:山势自西北向东南倾斜,缓缓伸向钱塘江和西子湖畔,西北部有北山、北高峰、天竺峰作屏障,阻挡寒流侵袭,南部受钱塘江湿润季风的调节,境内气候温和,雨量充沛,富于漫射光,土壤微酸,土层深厚,排水性好,小区气候条件极其优越。
歴史:唐代、陸羽の『茶経』には天竺、霊隠二寺で茶を産すると記載されている。霊隠寺が建てられたのは東晋咸和3年(328年)、天竺寺が建てられたのが咸和5年(330年)、当時仏教と茶の関係が密接であったため、東晋時代からこの地で茶栽培が行われていた可能性がある。北宋時代、香林茶(下天竺産)、白雲茶(上天竺産)、宝雲茶(葛嶺宝雲山産)という名前で存在し、それらが献上されていた。龍井は清代乾隆帝との深い縁がある。清朝6代皇帝乾隆帝(在位1735~1796年)は江南を好み、江南の文物収集に意欲をしめし、北京の頤和園を江南風に改修したことでも知られている。その生涯に南巡を6回行い、その中で4度も杭州に訪れ、龍井茶を題材に詩を詠んだ。獅峰の胡公廟で龍井茶を賞賛し、廟の前にある18株の茶樹を御茶園として封じた。歴史上産地や技術の別から獅(獅峰)、龍(龍井)、雲(五雲山)、虎(虎跑)、梅(梅家塢)分けられ、なかでも獅峰龍井が最高とされた。杭州は名水の地とも知られ、龍井茶と虎跑泉は“茶水双絶”と賞される。
历史:《茶经》中载天竺、灵隐二寺产茶。灵隐寺建于东晋咸和三年(328年),天竺寺建于咸和五年(330年)。当时佛教盛行,饮茶成风,或者在东晋时期,其地就已产茶。北宋时,下天竺产的“香林茶”、上天竺产的“自云茶”、葛岭宝云山产的“宝云茶”已列为贡品。乾隆皇帝六次南巡,先后四次来到西湖龙井茶区天竺、云栖、龙井等地观看茶叶采制,品茶赋诗。历史上因产地和炒制技术的不同有狮(狮峰)、龙(龙井)、云(五云山)、虎(虎跑)、梅(梅家坞)等字号之别,其中以“狮峰龙井”为最佳。龙井茶、虎跑泉素称“杭州双绝”。
特徴:茶葉の外観、水色、香気、滋味ともに優れているという意味の“四絶”と賞賛される中国を代表する緑茶。外観は扁平光滑、色沢は翠緑、形状が碗釘に似ている。水色は碧緑明亮、香気は清香、滋味は甘醇。
特征:以色翠、香郁、味醇、形美四绝著称于世,素有“国茶”之称。形似碗钉光扁平直,色翠略黄似糙米色;内质汤碧绿清莹,香气幽雅清高,滋味甘鲜醇和,叶底细嫩成朵。
加工:高級龍井茶は一芯一葉を標準とする。
生葉の静置(攤放)→加熱による酸化停止(殺青)→初成形(青鍋)→軽揉成形(理条整形)→回潮、散熱(変湿、攤涼)→炒り乾燥(輝鍋)→篩分け(篩分)。
柔らかい一芯二葉の摘採→生葉の静置(攤放)→加熱による酸化停止、初成形(青鍋)→散熱(攤涼)→炒り乾燥(輝鍋)。
釜炒りの手法には抖、搭、拓、捺、甩、推、扣、圧、磨等十数種類あり、炒る過程でコントロールする。
加工:高档龙井茶以一芽一叶为标准。
经摊放→青锅→理条整形→回潮、摊凉→辉锅→筛分。
以细嫩的一芽一二叶为原料,经摊放、青锅、摊凉和辉锅制成。炒制手法有抖、搭、拓、捺、甩、推、扣、压、磨等十多种,随炒制过程变化运用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。