黄山毛峰(拼音:huang shan mao feng)

条形烘青緑茶
茶区:江南茶区
産地:安徽省黄山市
产地:产于安徽黄山市
自然環境:黄山の茶園は海抜700~800m間の風景区に分布、高所は1300mに達する。黄山の四季折々変わる自然美、重なり合う翡翠のような連峰、気候は温暖で、降水量に富む。年間平均気温15.5℃、最低温度-19.7℃、最高温度25.2℃、無霜期245日、年平均降雨量2477.2㎜。土壌は肥沃で厚く、良好。
自然环境:黄山茶园分布在风景区海拔700~800米之间,高的达1300米。黄山秀丽多姿,峰峦叠翠,气候温和,雨量充沛。年平均温度15.5℃,最低温度-19.7℃,最高温度25.2℃,无霜期245天,年平均降雨量2477.2毫米。土壤肥沃深厚,结构良好。
歴史:『徽州府誌』には黄山の茶の生産は宋代嘉祐年間(1056~1063年)に始まり、明代隆慶年間(1567~1572年)に盛んになったとある。明代には黄山雲霧茶が名を馳せていた。『徽州商会資料』によると、黄山毛峰は清代光緒年間(1875~1908年)謝裕泰茶庄の謝正安が生産命名して売り出した茶である。
历史:《徽州府志》:“黄山产茶始于宋之嘉祐,兴手明之隆庆。明代歙县已盛产毛峰、烘青,黄山云雾茶即属毛峰、烘青类。《徽州商会资料》载,清代光绪年间“谢裕豢”茶行,首创黄山毛峰,运销东北、华北一带。
特徴:外観は形似雀舌、匀斉壮実、峰顕毫露、色如象牙、魚葉金黄。香気は清香高長。水色は清澈。滋味は鮮濃、醇厚、甘甜。茶殻は嫩黄、肥壮成朶。なかでも魚葉金黄、色如象牙は特級黄山毛峰が他の毛峰と異なることを表す特長である。
特征:形似雀舌,匀齐壮实,峰显毫露,色如象牙,鱼叶金黄,清香高长,汤色清澈,滋味鲜浓、醇厚、甘甜,叶底嫩黄,肥壮成朵。其中“鱼叶金黄”和“色如象牙”是特级黄山毛峰外形与其他毛峰不同的两大明显特征。
加工:一芯一葉から一芯三葉の摘採→生葉の静置(攤放)→加熱による酸化停止(殺青)→揉捻→荒乾燥(毛火)→散熱(攤涼)→あぶり乾燥(烘焙)。
加工:采摘一芽一叶至一芽三叶→经摊放→杀青→揉捻→毛火→摊凉→烘焙制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。