千島玉葉(拼音:qian dao yu ye)

扁形炒青茶
茶区:江南茶区
産地:浙江省杭州市淳安県千島湖畔
产地:产于浙江省杭州市淳安县千岛湖畔
歴史:千島湖林場(原名:排嶺林場)が1982年に創製、1983年に庄晩芳教授が命名。
历史:由千岛湖林场(原名排岭林场)1982年创制,1983年庄晚芳教授亲笔题名命名。
特徴:外観は扁平挺直,緑翠顕毫。香気は清香持久。滋味は濃醇帶甘。水色は嫩緑明亮。茶殻は肥嫩、匀斉成朶。
特征:外形扁平挺直,绿翠显毫。内质清香持久,味浓醇带甘,汤色嫩绿明亮。叶底肥嫩、匀齐成朵。
加工:500gの茶を作るのに1万1千の芽を必要とする。鳩坑良種を用い、龍井茶法で製造する。
清明節前後、開き始めた一芯一葉の摘採→加熱による酸化停止(殺青)→揉捻成形(做形)→篩分け(篩分)→散熱(攤涼)→炒り乾燥(輝鍋)。
加工:鲜叶于清明前后采摘,以一芽一叶初展为标准,每公斤鲜叶1.1万个芽头。用当地鸠坑良种,吸取龙井茶炒制技术之精华。计有搭、抹、捺、抖、揿、挺、抓、磨八种手法加工而成。经杀青做形→筛分摊凉→辉锅制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。