祁門紅茶(拼音:qi men hong cha)

条形紅茶
茶区:江南茶区
産地:安徽省黄山市祁門県一帯
产地:产于安徽省黄山市祁门县一带
歴史:祁紅、祁門工夫紅茶ともいう。茶産地としての祁門の歴史は古く、唐代祁門、休寧、歙県で産する茶は浮梁を集散地とした。唐代元和11年(816年)白居易の詩『琵琶行』に、商人は利を重んじ別離を軽んじる、前月浮梁に茶を買いに去るという一文が浮梁と祁門を含む周辺地が重要な茶産地であったことを証明している。清代光緒年間以前、祁門は緑茶産地であったが、光緒元年(1985年)黟県人余乾臣が福建省の役人を辞して故郷へ帰り茶商となり、福建省で学んだ紅茶技術をもって新しい紅茶を成功させた。
历史:亦称祁红、祁门工夫红茶。祁门产茶历史悠久,祁门茶叶,唐代已负盛名。唐代祁门、休宁、歙县所产茶叶以浮梁为集散地。元和十一年(816年)白居易《琵琶行》诗中有:“商人重利轻别离,前月浮梁买茶去”句,佐证了浮梁及其毗邻祁门是当时重要的优质茶产地,有相当数量商品茶投入交易。清光绪以前,祁门所产茶叶均为绿茶,以安茶最负盛名。光绪元年(1875年),黟县人余干臣由福建罢官回籍,因羡红茶畅销多利,在至德县(今东至县)尧渡街设立红茶庄,仿效闽红制法,试制红茶成功。
特徴:中葉種。ダージリン、ウバ、キーモンは世界三大紅茶。外観は条索緊細苗秀。香気は清鮮持久。滋味は濃醇鮮爽。祁門香と呼ばれるリンゴ、バラや蘭花に似た香りが特長。
特征:条索紧细苗秀,香气清鲜持久,滋味浓醇鲜爽。浓郁的玫瑰香是祁红特有的品质风格。
加工:一芯一二葉から一芯二三葉の摘採→萎凋→揉捻→発酵→あぶり乾燥(烘焙)。
加工:采摘一芽一二叶至一芽二三叶,经萎凋→揉捻→发酵→烘焙制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。