涌渓火青(拼音:yong xi huo qing)

腰圓形炒青緑茶
茶区:江南茶区
産地:安徽省宣城市涇県涌渓山
产地:产于安徽省宣城市泾县涌溪山
自然環境:
自然环境:茶区位于黄山山脉东北部的黄崇山的群山中,崇山深谷,海拔1175米,有溪水72条,汇成涌溪河,常年清泉潺潺,云雾缭绕,林竹苍翠,郁郁葱葱,气候温和,雨量充沛。年均温度14.9℃,年平均降雨量1534.1毫米,无霜期239天。土层肥沃,腐殖质层深厚。
歴史:清代嘉慶年間11年(1806年)『泾県誌』に磨盤山南に向かって涌渓山までの30余里、美茶を産するとある。初期は松羅茶製法を模倣、しだいに火青へと発展した。
历史:清嘉庆十一年(1806)《泾县志》“由磨盘山南趋,至涌溪山,广袤三十余里,多产美茶。”最早系模仿松萝茶制法,后逐渐演化为火青。
特徴:外観は顆粒腰圓,緊結重実,墨緑光潤,白毫隠伏。香気は花香濃郁、鮮爽持久。滋味は醇厚、爽口甘甜。水色は嫩緑微黄。茶殻は嫩匀、杏黄有光澤。
特征:颗粒腰圆,紧结重实,墨绿光润,白毫隐伏,花香浓郁,鲜爽持久,滋味醇厚,爽口甘甜,汤色嫩绿微黄,叶底嫩匀、杏黄有光泽。
加工:一芯二葉の摘採→加熱による酸化停止(殺青)→揉捻→失水(炒頭坯)→再揉捻(復揉)→失水(炒二坯)→散熱(攤涼)→加熱成形(老鍋)→篩分け仕上げ(篩分整理)。
加工:采摘一芽二叶,经杀青→揉捻→炒头坯→复揉→炒二坯→摊凉→掰老锅→筛分整理制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。