永川秀芽(拼音:yong chuan xiu ya)

針形半烘炒緑茶
茶区:西南茶区
産地:重慶市永川区
产地:产于重庆市永川区
歴史:1963年開発。“川秀”ともいう。
历史:1963年研制。亦称“川秀”。
特徴:外観は針状、色沢翠緑。香気は高雅。滋味は鮮醇。水色は碧緑。茶殻は明亮。
特征:针状,色泽翠绿,香气高雅,滋味鲜醇,汤色碧绿,叶底明亮。
加工:清明節前の一芯一葉中葉種の摘採→生葉の静置(攤青)→加熱による酸化停止(殺青)→初揉→あぶり失水(烘二青)→再揉捻(復揉)→揉捻成形あぶり乾燥(做形烘干)。
加工:清明前采摘中叶种一芽一叶,经摊青→杀青→初揉→烘二青→复揉→做形和烘干制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。