陽羨雪芽(拼音:yang xian xue ya)

茶区:江南茶区
産地:江蘇省宜興市
产地:产于江苏省宜兴市
歴史:陽羨雪芽その茶名は蘇軾作『雪芽我為求陽羨』の詩から命名。後漢末期、すでに宜興で茶生産の記録がある。唐代、宜興は陽羨茶の献上で有名だった。無錫市茶葉品種研究所と宜興市林副業局の共同研究で1985年省級鑑定を通過した。
历史:阳羡雪芽茶其茶名是根据苏轼“雪芽我为求阳羡”诗句而得之。东汉未年,就已有宜兴生产茶叶的记载。 唐代,宜兴以产”阳羡茶”进贡著名。由无锡市茶叶品种研究所与宜兴市林副业局共同研制,并于1985年通过省级鉴定。
特徴:外観は緊直有鋒苗、翠緑顕毫。水色は清澈。香気は清雅。滋味は鮮醇。茶殻は細匀。
特征:外形条索紧直有锋苗,翠绿显毫,汤色清澈,香气清雅,滋味鲜醇,叶底细匀。
加工:穀雨前、開き始めた一芯一葉を摘採する。500gの茶に1.8~2.2万の芽を要する。
生葉の静置(攤放)→加熱による酸化停止(殺青)→軽揉→成形乾燥(整形干燥)。
加工:鲜叶子谷雨前开采,以一芽一叶初展为标准,每公斤鲜叶有芽头1.8~2.2万个。
经摊放→杀青→轻揉→整形干燥制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。