恩施玉露(拼音:en shi yu lu)

針形蒸青緑茶
茶区:江南茶区
産地:湖北省恩施市五峰山一帯
产地:产于湖北省恩施市五峰山一带
自然環境:
自然环境:产地气候温和,雨量充沛,树林茂密,土壤肥沃,有适宜茶树生长的优良环境。
歴史:清代康熙年間、恩施芭蕉郷黄連渓の茶商が作成した焙炉で作った茶が緑の玉のようだったことから恩賜玉緑といった。1936年、湖北省民生公司が玉緑をベースに白毫が顕著で香味爽やかな茶を作り恩施玉露と改名した。
历史:据传清朝康熙年间,恩施芭蕉黄连溪有一位姓兰的茶商,他自垒茶灶,亲自焙茶,因制出来的茶叶外形紧圆挺直,色绿如玉,故名恩施玉绿。1936年,湖北省民生公司在玉绿的基础上,研制出的绿茶香鲜味爽,毫白如玉,因其白毫格外显露,故改名为恩施玉露。
特徴:外観は条索緊圓、光滑、繊細挺直如松針、蒼翠緑潤、如鮮緑豆。水色は嫩緑明亮。香気は清香。滋味は醇爽。茶殻は翡緑。
特征:条索紧圆、光滑、纤细挺直如松针,苍翠绿润,如鲜绿豆,汤色嫩绿明亮、清香,滋味醇爽,叶底翠绿。
加工:柔らかい一芯二葉の摘採→蒸し殺青(蒸青)→揉捻→あぶり乾燥(烘焙)。
加工:采摘细嫩的一芽一二叶,经蒸青→揉捻→烘焙制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。