老竹大方(拼音:lao zhu da fang)

扁条形炒青緑茶
茶区:江南茶区
産地:安徽省黄山市歙県
产地:产于安徽省黄山市歙县
歴史:竹葉大方、頂谷大方茶ともいう。 1937年の『歙県誌』には大方山に因んで名付けられたとか、作った僧名に由来するという。現代の頂谷大方は1980年代初期復活生産。
历史:亦称“竹叶大方”、“顶谷大方茶”。 1937年《歙县志》载:“大方以早南有大方山而得名,或云仿僧之制法,故以僧名名之。”现代的“顶谷大方”为20世纪80年代初期研制恢复。
特徴:外観は扁平匀斉、挺秀光滑、色緑微黄、満披隠毫。水色は清澈微黄。香気は高長、栗香。滋味は醇厚爽口。
特征:扁平匀齐,挺秀光滑,色绿微黄,满披隐毫。汤色清澈微黄,香气高长,有板栗香,滋味醇厚爽口。
加工:一芯二葉から一芯三葉の摘採→加熱による酸化停止(殺青)→揉捻→失水(做坯)→成形(拷扁)←炒り乾燥(輝鍋)。
加工:以一芽二三叶为主,经杀青→揉捻→做坯→拷扁→辉锅制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。