霍山黄芽(拼音:huo shan huang ya)

直条形黄芽茶
茶区:江北茶区
産地:安徽省六安市霍山県大別山
产地:产于安徽省六安市霍山县大别山
歴史:唐代李肇の『国史補』に寿州の霍山黄芽が歴史名茶14種類の一つに載せられている。1971年生産復活。
历史:唐代李肇《国史补》:“寿州有霍山黄芽。”为所载14种历史名茶之一。盛名数百年后失传。1971年研制恢复。
特徴:外観は形似雀舌、細嫩多毫、色沢嫩黄。水色は黄綠。香気は鮮爽、栗香。滋味は濃醇。茶殻は嫩黄。
特征:形似雀舌,细嫩多毫,叶色嫩黄,汤色黄绿。香气鲜爽,有栗香,滋味浓醇,叶底嫩黄。
加工:穀雨二三日前開き始めた一芯一葉から一芯二葉の摘採→加熱による酸化停止(炒茶)→揉捻成形(做形)→一次あぶり乾燥(初烘)→散熱(攤涼)→再あぶり乾燥(復烘)→散熱(攤涼)→仕上げあぶり乾燥(足焙)。
加工:谷雨前二三天采摘一芽一叶初展到一芽二叶初展,经炒茶→做形→初烘→摊凉→复烘→摊凉→足焙制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。