7月6日はナンの日

バグダッドのチャイハネ

コムのナン屋さん

アーブ・グーシュト

チャイカウンター

7月6日は語呂合わせで、ナンの日。
ブログを振り返ってみると、ナンを話題にした記事(ブログもお茶をテーマにしているのでナンをメインで扱ったものは多くありません)を書いた都市は、カシュガル、タシュケント、サマルカンド、セムナン、ヤズド、シレット、コーチン、バトゥミと、イランが多いのです。イラン、何を食べても美味しい国だったのですが、ナンも例外ではありませんでした。なかでも、アーブ・グーシュトと一緒に食べたナン。壺の中で煮たラム肉入り煮込みのスープをまずお碗に移し、そのスープの中にナンや野菜を細かくちぎって入れ、棒ですりつぶしてシチューのようにして食べます。壺の中のラムは棒でつぶしてベーコンのような状態にしてナンに巻いて食べます。忘れなれないほど美味しい肉とナンの料理でした。
また、本格的なイラン料理店ではサモワールがたくさんあってチャイ専用のカウンターからチャイが運ばれてきましたっけ。イランまた行きたい国です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。