韓国の十月

古来10月、韓国では、檀君(『三国遺事』に伝えられる天神桓因の子桓雄と熊との間に生まれたという最初の朝鮮王)にその年収穫したものを捧げる祭礼が行われました。
巫女(民間信仰の占いや呪術で人々の悩みを解決する者)をよび、土地神、巫俗神、日神、天上神、戌造神などに家内安全を祈る祭祀を行ったと伝えられています。
三果は、ナツメ、クリ、柿を指し、お供え物として必ず用いられる果物です。
果物を蜜で煮詰めた菓子には チョンガ(정과/正果)があります。
この月には、悪鬼が嫌う赤い小豆パッコムシルトッ (팥시루떡/小豆蒸し餅)を作り、シル(시루/蒸し器)に入れたまま板の間、玄関に置き、祭祀が終わると近所の人達と分け合って食べる習慣がありました。

韓國的十月
自古以來十月,韓國都要舉行把這年收穫的東西做貢品獻于檀君(“三國遺事”傳説中天神桓因和熊之間出生的第一代朝鮮王)的古典祭祀。聽節祭祀是叫來女巫(她們用民間信仰的占卜或妖術解決人們的煩惱)讓土地神、巫俗神、日神、天上神、戌造神祈禱家庭安全。
三果是指紅棗、栗子、柿子三種果實,是作為供品一定使用的。用蜂蜜燉水果做的糕點稱為正果(정과)。
這個月有風俗習慣,用魔鬼討厭的紅豆做蒸餅(팥시루떡),把裝在蒸籠裏的蒸餅放在鋪木板的房間、門口,祭祀結束後跟附近的人們分享。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。