済州島の名物

10月末から2月までが旬な済州島産の柑橘類は、朝鮮半島にはない貴重な果物でした。
済州島では新羅の時代から宮中に柑橘類を献上した歴史があります。
李氏朝鮮時代には、毎年11月、12月に宮中に済州島から柑橘類が届くと、柑製、黄柑製という試験で、太学(成均館)や四学(中学、東学、南学、西学)の学生たちを競わせて、柑橘類を褒美としていました。
現在でも済州島の果物は贈答用として人気があります。

濟州島産的柑橘類從十月下旬到二月是盛季,而在朝鮮半島不能栽培。
濟州島從新羅時代起有向宮中進貢柑橘類的歴史。李氏朝鮮時代,毎年11月、12月柑橘類從濟州島送到宮中後, 便進行柑製、黄柑製的考試,讓太學(成均館)以及四科(中學、東學、南學、西學)的學生們競爭,以柑橘類為奬品。
現在濟州島的水果作為禮物也很受歡迎。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。