昔ながらの小豆粥(옛날팥죽)@済州島

小豆粥

小豆は生活の折々に欠かせない食べ物です。冬の寒さを乗り切るために冬至に食べたり、引っ越しの日に食べるのはパッチュク(팥죽/小豆粥)だったりします。
“昔ながらの小豆粥”という名前のお店にランチに入りました^^
冬季、茶院では甘いパッチュク(팥죽/小豆粥)が登場するのですが、こちらのお店では、自分の好みで砂糖または塩を入れます。
このお店の名物パッカルグクス(小豆うどん)をいただきました。
お店でやっているメニューは以下のとおり。
팥칼국수(小豆うどん)W5,500
새알팥죽(白玉小豆粥)W6,500
깨죽(胡麻粥)W5,500
시락국밥(汁飯)W3,500
호박죽(南瓜粥)W5,500
식혜(シッケ)W2,000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。