韓国の春節

春聯

宮廷晴れ着

ヒントック

飾り餅

春節には、若者は新しい晴着を着て、年始回りをする、これを歳拝といい、そろって祠堂でチェサ(제사/祭祀)を行うことを新歳茶礼と言いました。
門扉や門柱には春聯を貼って立春を祝いました。現在でも韓屋では、「寿如山 富如海」、「立春大吉 建陽多慶」、「天下太平春 四方無一事」など多数の対句を見ることができます。
うるち米の粉を蒸してついた餅をヒントック(횐떡/白餅)と言います。
この白餅を銭形に輪切りにしてすまし汁にいれたものがトックック(떡국/餅湯)で、新年祭祀のお供え物や客人へのおもてなしに用いられます。

韓國的春節
韓國的年輕人新年穿著新的盛裝,做年初周圍問候,這被稱為歲拜。大家一起在祠堂做祭祀這被稱為新歲茶禮。
大門以及門柱上張貼春聯,慶祝立春。現在在韓屋也能看到“壽如山 富如海”、“立春大吉 建陽多慶”、“天下太平春 四方無一事”等很多春聯。
白年糕是把糯米磨碎後蒸成的。把白年糕切成硬幣狀圓片放進清湯,被稱為餅湯,作為新年祭祀的供品以及款待客人時使用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。