プーアル茶年表④

1944年(民国33年)
雲南富滇保険公司、「省茶司」に投資。理事会人事異動、繆雲台氏が理事長を引き継ぐ。雲南中国茶葉貿易公司と改名、新たに登録申請して経済部から許可(新字第787号)を得る。【雲南省茶葉進出口公司誌 P16】佛海実験茶廠が紅茶43担の生産を再開、現地商人から緊茶3268馱を買い付ける。日中戦争後に休業に入り、1950年「省茶司」の軍の接収管理に従う。【雲南省茶葉進出口公司誌 P33】日中戦争終結以前に中国茶業公司が株主から撤退、省公司は「雲南中国茶葉貿易公司」と改名、康蔵茶廠は雲南茶葉貿易公司管理となる。【雲南省下関茶廠誌 P7、8】
云南富滇保险公司投资到省茶司。董事会改组,繆云台继任董事长。改公司名称为云南中国茶叶贸易公司,重新申请注册登记,领得经济部新字第七八七号执照。佛海实验茶厂恢复生产红茶四三担,收购当地私商紧茶三二六八驮。抗日战争胜利后又告停业,留人看守茶厂,直到一九五〇年随省茶司交军事接管。抗战胜利前,中国茶叶公司退股,省公司改名为云南中国茶叶贸易公司,康藏茶厂归云南茶叶贸易公司管理。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。