首里城御鎖之間でお茶をいただく^_^

御鎖之間は、琉球王朝時代王子が薩摩の役人を接待した部屋です。
お盆や茶托に描かれている花はテッセン、クレマチスとも言いますが、王座にもその花はあります。
花ぼうる、くんぺん、ちんるいこう、きんそこう、往時冊封使への歓待や、祭祀に使われた伝統菓子がありました。
~2016年6月27日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。