丁字石

不当な弾圧をうけて流配され康津に二十年もの間とどめおかれた丁若鏞(チョンヤギョン)が解放された時に自分がここにいたという証に名前を彫った石が茶山草堂の裏に残されています。(2010-12-17)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。