三神山雙磎寺 その3

遣唐大使が唐の皇帝から賜った茶の種を播いたといわれる智異山は、全羅南道、全羅北道、慶尚南道にまたがる大きな山脈の一部です。
多くのお寺の境内に茶樹が自生しているようです。
なかでも三神山雙磎寺はお茶に縁の深いお寺で、境内に韓国禅茶会の建物がおかれています。(2010-01-05)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。