Assam1864 密造酒

酒を密造することに対して政府によってとられている厳しい処置にもかかわらず、茶園労働者が無許可で作る密造酒のことは茶園側にとっての大きな悩みの種でした。
酒の密売者は元茶園労働者で、契約が終わったあと、認可された醸造所より安い価格で、ひそかに酒を作り始めたのです。
こうして、労働者たちは、安い酒を飲むためにそこに行き始めました。
ある日、主人公は労働者居住区から煙が上がっているのを発見しました。医者を呼んで駆けつけると、あきれたことに、火元に住んでいる労働者は、激しい火を消そうとする代わりに、貴重品を取り出すために家内にとどまり、火が他の住居まで広がったのに埋めた金銭を掘り出そうとしていました。
火事が居住区全体を巻き込み、風が病院の方へ火の粉を吹き飛ばしたとき、医師は茶園の終わりを嘆きました。
やがて風の方向が変わり、工場の方へ広がるのを止めました。
燃えた住宅は137を数え、何も残っていませんでした。労働者が安い酒を作っていたとき、火事は起こりました。成分が沸騰して、火が住宅の籘壁をなめ、それが広がったのです。
彼らが2、3パイサ節約するためにした行為で火が会社に引き起こした損失はRs.800でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。