枕崎紅茶母樹園

紅茶母樹園

鹿児島県枕崎市寿町には「紅茶のお母さん」といわれている木々があります。県の紅茶試験地跡の「母樹園」に残るその木々は北インド原産アッサム種の茶樹。国産紅茶の発祥とされるお母さんの木たちです^^
枕崎市でアッサム種が元気に暮らしているのは、日本の中では故郷の環境に近いからですよね。
そのお母さんから枕崎の試験場(現 野菜茶業研究所枕崎茶業研究拠点)で「べにひかり」や「べにふうき」など日本生まれの子どもたちが紅茶用品種として生まれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。