碁石茶

茶を漬込む桶

碁石茶の天日干し

高知県大豊町で作られる碁石茶は、日本で唯一の固形茶です。
茶葉を蒸した後、筵を敷いた土間に約1週間広げてカビつけし、堆積発酵させます。次に、桶の中で数週間漬込んで発酵させ30㎝角のブロック状に切り出し、さらに3~4㎝角に裁断します。最後に夏の強い日差しのなか、庭に筵を広げて3日間天日乾燥させます。判明しているだけでも実に350種類の菌によって作られる碁石茶は、こうして独特の酸味のある味に仕上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。