宮崎県の茶堂

宮崎県の茶堂

茶堂に祀られたお大師さま

茶堂は、大きさは二間×一間半くらい、木造平屋藁葺屋根、板敷きの素朴なたたずまいで、中に木像石像等が安置されていて、その地域の住民の信仰と社交の場でした。 
四国ではかつて各村々に茶堂が建てられ、弘法大師や孝山霊三界万霊を祀り、道ゆくお遍路さんたちにお茶をふるまっていたといいます。四国の茶堂は現在も愛媛県や高知県に見ることができます。
宮崎県の茶産地にもお大師さまや観音さまを祀る茶堂(お祀りする神様によって、大師堂とか観音堂とも呼びます)が残っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。