新宮茶 脇製茶場

茶碑と像

茶畑

製茶工場

愛媛県四国中央市新宮町は、昔から自生する山茶でお茶を作るのが盛んでした。
そこにある脇製茶場を訪れると、まずやぶきた茶園史碑と脇久五郎翁像の前で足が止まります。昭和29年に新宮茶の創始者脇久五郎氏は静岡で誕生したばかりの品種やぶきたをいち早く導入して当時困難とされていた挿し木育苗に成功して、この地の茶産業をおおいに発展させたのだそうです。
購入したあさつゆで作られた希物のパッケージには「山間冷涼、傾斜地で生産性は低いのですが、越冬害虫が少なく、害虫を食べる天敵のハチやクモなどのおかげで、農薬や化学肥料にたよらず丈夫な茶樹を栽培しております。山峡独特の高い香りと強い滋味が特徴です。」とありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。