仁淀川の有機栽培茶畑

仁淀川

有機栽培茶園遠景

有機栽培茶園近景

ここが茶畑ですと言われても、普通の人たちだったら、どこ?どこ?という状態になるかと思いますが、この斜面一帯が國友農園の有機栽培茶畑なのです^^
日本一の清流になったこともある仁淀川が流れる山あいにある國友茶園には、山茶実生園、山茶挿し木園、やぶきた園と3種類の茶畑があります。
山茶実生園は雑木林に自生している茶樹をカヤと油カスを肥やしにして育てられています。山茶挿し木園は焼畑地に山茶の苗立てから始まりました。
やぶきた園は放置されたやぶきたを手入れして本来の味を引き出すことを目指して育てられています。こちらでは最初の新芽である一番茶しか摘まないので、初夏の茶畑はもこもこしているのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。