きし豆入り番茶

きし豆入り番茶

カワラケツメイ

高知県のスーパーマーケットなどのお茶売り場でちょいちょい見かけたきし豆入り番茶。きし豆って何でしょう?
きし豆はカワラケツメイ(河原決明)というマメ科の植物で、生薬名をサンペンズ(山扁豆)と言います。
カワラケツメイ茶やカワラケツメイが入った番茶は、地方では珍しいお茶ではありませんでした。
カワラケツメイ茶は弘法茶とも言われ、弘法大師が薬草として各地に伝え、お茶代わりとして飲んでいた地域は多く、新潟県糸魚川市のバタバタ茶にはカワラケツメイは欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。