新しい品種が生まれるまで その1

みなみかおり

おくゆたか

やぶきた

ふくみどり

地球上にさまざまな人種の人々がいるように、お茶にもさまざまな品種があります。
生産者さんにとっては、厳しい気候や虫の害にへこたれず、元気にたくさん葉をつけて、お茶にすると美味しくなる茶樹が望ましいのです。
各地域が望んでいる品種を誕生させるために研究しているのが、茶業研究所で、静岡県、鹿児島県、埼玉県、宮崎県の4県にあります。
狭山茶の研究をしている埼玉県茶業研究所でさまざまな品種たちに会ってきました。狭山茶産地は産地としては北にあるので、寒さに強く香高い品種を誕生させるために、育成、栽培・製茶加工技術の研究開発をしている研究所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。