狭山茶発祥地

不染亭

不染亭

狭山茶発祥地の碑

狭山茶発祥地の碑

狭山茶の初めて物語は複数ありますが、川越市にある天台宗別格本山中院に置かれた「狭山茶発祥之地」碑によると、源流は最澄が唐代天台山国清寺から持ち帰ったものが栽培され、後に圓仁が830年に比叡山から持ってきた茶の実が起源であるとのこと。河越のお茶はその後、山城、大和、伊勢、駿河とともに茶の名園5場の一つに数えられるようになりました。またこちら中院には文豪島崎藤村が義母に贈った茶室不染亭も移築されてあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。