茶源郷まつり2016

パオ

モンゴル民族衣装

モンゴルバターティー

千両茶作り

茶源郷まつりは、お茶作り800年の歴史を持つ茶産地京都和束の和束運動公園で行われるお祭りです。
2016年の開催日は11月5日(土)~6日(日)、世界のお茶コーナーで蒙古奶茶と千両茶を皆さまに体験していただきます。
モンゴルの主婦は夜明けに起きるとまずコンロの牛糞に火をつけて、小刀で川字磚茶から小さな塊を削り出し、棍棒で茶葉を砕いて中の香気や栄養が溶け出しやすいようにします。陶製茶壺に入れて水で煮込み、牛乳を加え壺に香気が溢れるまで2~3回煮沸します。パオの中で一家団欒、アツアツの茶に塩やバターを加え、携帯食品やチーズと共に新しい一日を始めます。このモンゴルで飲まれているお茶を飲みやすいようアレンジしたもの、そして7人がかりで作る世界一大きいお茶千両茶も、見て飲んでいただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。