河越抹茶そば

時の鐘

茶そば寿庵

茶そば寿庵

二色せいろ

中世は南北朝時代、武蔵河越(現在の埼玉県川越)は当時の文献『異制庭訓往来』に栂尾、伊賀八鳥、大和室尾、伊勢河居とともに名茶産地として名が挙げられる茶所でしたが、戦国時代になると茶を嗜んだ階層が衰退するとともに伝説となってしまいました。
しかし、近年河越茶は古くて新しい川越の特産品としてよみがえっていたのです。現在川越蔵造りの町を歩くとさまざまな茶製品に出会えます。ランチにいただいた河越抹茶そばは、爽やかな風味と明るい緑が特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。