千利休生家跡

椿の井

記念碑

茶の花

戦国時代から安土桃山時代に生き、天下人織田信長、豊臣秀吉に仕えた茶人、わび茶の完成者千利休(1522~1591)。
晩年、大徳寺の三門(金毛閣)の造り替えのための援助した利休に対する感謝の意を表するために住持古渓宗陳が造り祀った利休像が豊臣秀吉の怒りに触れて利休は切腹を命ぜられました。
堺の生家跡には、利休が茶の湯に使ったという井戸椿の井、かの大徳寺山門の古い部材を用いて建てられた井戸屋形が残っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。