河南省のお茶@FOODEX JAPAN 2017

桐柏玉葉

毎年3月初旬に幕張メッセで行われる食の祭典FOODEX JAPAN。今年は3月6日から10日まで行われていました。
今年は中国大陸から出品されているお茶が大変少なく、お茶を扱っていたのがたった2ブースしかありませんでした。河南省のブースだと聞いて、それなら十中八九信陽毛尖じゃないかなぁと思って行ってみたら、あまりお目にかからない産地の緑茶が出てきてびっくりしました。
河南省南陽市桐柏県にある河南山野老泉茶葉有限公司の緑茶、桐柏玉葉。
いただいた桐柏県の立派なパンフレットによると、そのお茶の歴史は茶産地として桐柏山は陸羽の『茶経』に記載されるほどではあったものの、唐代に知られた桐柏玉葉は宋末期には戦乱や自然災害で歴史の彼方に消え去ってしまっていたのだとか。
現在はこの緑茶に加えて紅茶も作られているようで、いつか口にすることができそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。