太平猴魁(拼音:tai ping hou kui)

尖形烘青緑茶
茶区:江南茶区
産地:安徽省黄山市
产地:产于安徽黄山市
自然環境:茶園は山河に恵まれ、気候は温暖、充分な降水量があり、雲霧はからみつきます。土壌のpH値は5.5~6.5、黒色土は肥沃で深く、通気性に優れ、特有の生態環境条件を形成している。
自然环境:茶园依山傍水,气候温和,雨量充沛,云雾缭绕。土壤为乌壤土,pH值在5.5~6.5之间,土层深厚肥沃,通气透水性能好,从而形成产地特有的生态环境条件。
歴史:尖茶は安徽省の特産で、太平(現在の黄山区)、旌徳、泾県、寧国一帯で生産され、生産量は太平が最も多かった。1900年前後に太平湖のほとり猴坑の茶農家王魁成が作った品質の良い茶を魁尖といった。1915年のパナマ万博で金賞を受賞、世界的評価を受けている。
历史:尖茶是安徽省的特产,产于太平、旌德、泾县、宁国一带,产量以太平最多。190O年前后家住猴坑的茶农王魁成(王老二)内精心选出又壮又嫩的芽叶制作魁尖。1915年巴拿马万国赛会上猴魁作为珍品陈列展览,受到世界各国赞誉,获得一等金质奖章。
特徴:柿大茶種。他の茶葉と異なる最大の特徴は、焙るときにつく網目があること。外観は平扁挺直、二葉抱芽、自然舒展、白毫隠伏、蒼緑匀潤。香気は花香高爽。滋味は甘醇。香味は独特で“猴韻”とよばれる。
特征:猴魁平扁挺直、二叶抱芽、自然舒展、白毫隐伏,有“猴魁两头尖,不散不翘不卷边”之称。叶色苍绿匀润,叶脉绿中隐红,俗称“红丝线”,花香高爽,滋味甘醇,香味有独特的“猴韵”。
加工:摘採標準は開き始めた一芯三葉。“四揀”(茶山、茶樹、枝、葉の選択)を厳格に行う。 “八不要(大きい、小さい、脆弱、弯曲、淡い、紫芽、対挟葉、病虫害葉)”な茶葉を選別除去する。
加熱による酸化停止(殺青)→一次あぶり乾燥(毛烘)→二次あぶり乾燥(足烘)→あぶり乾燥(烘焙)。
加工:采摘标准为一芽三叶初展。并严格做到“四拣”,即拣山、拣丛、拣枝和拣尖(即折下一芽二叶的尖头)。要求肥壮匀齐整枝,叶缘背卷嫩绿,叶尖芽尖等长,以保证成茶“二叶抱芽”。“拣尖”时须剔除芽叶过大、过小、瘦弱、弯曲、色淡、紫芽、对夹叶、病虫危害者(即“八不要”)。
经杀青→毛烘→足烘→复焙制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。